十二月例会のご案内

今、時代が、そして教育政策が大きく変わろうとしています。そうした状況に流されることなく、常に変わらない人間と教育の本質をふまえて、教育活動をしていきましょう。

今年最後の例会になります。

4つの報告と討議があります。

1つめは“働く人への聞き書き”の実践で、神奈川の冨田さんの報告です。昨年高1から始めて今年高2になった生徒たちへの2年目の実践です。

2つめは、田中由美子さんが鶏鳴学園の中学生クラスで指導した生徒作品を検討します。

3つめは、札幌市の新たな中高一貫校設立に尽力していた小泉さんの報告です。どんな学校ができるでしょうか。

4つめは、歴史教育に学ぶと題して、『記憶と認識の中のアジア・太平洋戦争』の一部を読み合います。改めて戦争体験を聞き書きすることの意味を実践史的視点から考えてみます。

どうぞ、みなさん、おいでください。

 

1 期 日    2016年12月4日()10:00~16:30


2 会 場   鶏鳴学園
〒113-0034  東京都文京区湯島1-3-6 Uビル7F
ホームページ  http://www.keimei-kokugo.net/
※鶏鳴学園の地図はホームページをご覧ください。

 

3 報告の内容

(1) “働く人への聞き書き”の実践
神奈川 県立上溝南高校  冨田 明  

1学年時に国語総合で“青春時代~できたら戦争体験”の聞き書きをし、総合で”働く人へのインタビュー”のグループ学習と発表をした学年。今年は“働く人への聞き書き”を現代文B夏の課題に出しました。その中から、2~3人の作品を読んでいき、成果や課題を出していただければと思います。

(2) ショートレポート 課題と生徒作品 

それぞれの先生方の教育現場には、その現場での課題があり、それに取り組みながら少しでも生徒たちのためになるように苦闘を続けていると思います。そこから生まれた生徒作品から、読み取りに困惑したり、その課題をどう考えどう指導したらよいかわからないような作文を持ち寄り、意見交換をして互いの実践を深めていきたいと思います。

今回は前回の報告に引き続き、田中由美子さんが鶏鳴学園の中学生クラスで指導した生徒作品を検討します。

(3) 市立札幌開成中等教育学校の挑戦ー課題探究的な学習の推進とその方策の検討
北海道 札幌開成中等教育学校 小泉泰之

札幌市教育委員会の高校改革のひとつとして既存の高等学校を再編する形で作られた中高一貫校の教育内容に関し「生徒自らが主体的に学ぶ課題探究的な学習の推進」「大学受験準備に偏した編成をしない教育課程」を柱とした学校づくりについて、現場教員及び教育委員会職員とそれぞれの立場での取組と、現在進行形で構築している新しい学校の教育課程編成の具体を紹介します。

(4) 歴史教育に学ぶ
東京 宮尾美徳・志波昌明

教師自身の戦争責任、戦後責任って何?それってその後の教育にどう影響したの?戦争体験を語り伝える根源的な意義って何?改めて戦争体験を聞き書きすることの意味を実践史的視点から考えてみましょう。

〈テキスト〉
「歴史教育の中のアジア・太平洋戦争―戦争体験を綴ることの意味(著者 今野日出晴)」
(出典『記憶と認識の中のアジア・太平洋戦争』2015年 岩波書店)

(もくじ)
はじめに
一 「戦争教育」記録運動―地下水としての北方性教育
1 『山形の教育―学校白書と戦争教育の記録』
2 『教育北方―学校白書と戦争教育の記録』
3 「戦争教育の記録」を綴ることの意味
二 教室の中の「戦争体験」から地域の中の「戦争体験」へ
1 「母の歴史」と「私たちの歴史」、そして「父母の歴史」
2 地域のなかの「戦争体験」を掘りおこす
おわりに

参加希望者にはテキストのコピーをお送りします。

4 参加費   1,500円(会員無料)

 

連絡先
中井 浩一  鶏鳴学園
メールアドレス ko-nakai@js6.so-net.ne.jp

古宇田栄子
TEL・FAX 029-821-4997
メールアドレス koutaeiko@jcom.home.ne.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です